慢性腎臓病(CKD)って何?

「慢性腎臓病(CKD: Chronic Kidney Disease)」とは、ごく初期のものから末期のものまで含めて慢性的に腎機能の低下が続く状態を指します。
日本腎臓学会によると日本のCKD患者は成人で約1330万人。成人のおよそ8人に1人が発症している計算になり、新たな国民病だと言えるでしょう。
生活習慣病やメタボリックシンドロームが蔓延している今、多くの人がCKDのリスクを抱えています。
自分はCKDなのか。もしCKDならばどのステージなのか。
腎臓の状態をきちんと把握して、早期発見・早期治療を心がけましょう。
CKDの定義
蛋白尿がでるといった
腎臓に異常がある
腎臓のはたらきの指標と
なるGFR(糸球体濾過量)が
<60mL/分/1.73㎡
①②の両方もしくは どちらかが3ヵ月以上続くこと。

CKDになりやすい方は?

CKDの原因として最も多いのは糖尿病と高血圧です
CKDの1つの要因としては、生活習慣の乱れによって腎臓への負担が大きくなったことが挙げられます。
生活習慣の乱れはダイレクトに腎臓に負担をかけますが、一方でメタボリックシンドロームや高血圧・糖尿病といった生活習慣病も引き起こします。こういった病気になってしまうと動脈硬化を引き起こし、腎臓への負担はますます増大。体内環境における負の連鎖が始まり、CKDや他の病気のリスクは雪だるま式に増えていきます。
負の連鎖を断ち切り、CKDを発症・進展させないためにも、日頃から生活習慣の改善に取り組んで行きましょう。
こんな人は要注意!病院に行って検査を受けましょう
暴飲暴食をしている たばこを吸っている、全然運動をしていない、不規則な生活をしている、過度なストレスを感じている、健康診断で蛋白尿が見つかったことがある

Last Updated:2017/10/24  L.JP.MKT.CN.10.2016.2702