慢性腎臓病(CKD)って何?

「慢性腎臓病(CKD: Chronic Kidney Disease)」とは、ごく初期のものから末期のものまで含めて慢性的に腎機能の低下が続く状態を指します。
日本腎臓学会によると日本のCKD患者は成人で約1330万人。成人のおよそ8人に1人が発症している計算になり、新たな国民病だと言えるでしょう。
生活習慣病やメタボリックシンドロームが蔓延している今、多くの人がCKDのリスクを抱えています。
自分はCKDなのか。もしCKDならばどのステージなのか。
腎臓の状態をきちんと把握して、早期発見・早期治療を心がけましょう。
CKDの定義
蛋白尿がでるといった
腎臓に異常がある
腎臓のはたらきの指標と
なるGFR(糸球体濾過量)が
<60mL/分/1.73㎡
①②の両方もしくは どちらかが3ヵ月以上続くこと。
CKDが悪化するとどうなるの?

腎機能と蛋白尿の量によって、
ステージが分類されています。
各ステージの特徴と対策はこちら
末期腎不全のリスクが発生、心筋梗塞、脳卒中など心血管病発症のリスク増加
透析療法へ
CKDは悪化させないための管理、
合併症を予防することが重要です!
CKDは透析治療に至らせない、または心筋梗塞や脳卒中などの合併症を予防することが重要となります。早期から適切な治療を受けることにより、その可能性は低くなります。CKDは早期発見、早期治療が大切です。

Last Updated:2014/03/05  L.JP.MKT.CN.10.2016.2702