CKDがもたらす
『高リン血症』って?

CKDが悪化すると、末期腎不全に移行するのと並行して高リン血症があらわれます。高リン血症は腎機能が低下することによりリンが排泄できなくなり体内に溜まる病態のことであり、この異常はステージG3より始まるといわれています。自分のCKDステージを再度確認し、早期発見・早期治療のために、血清リンを測定するよう心がけましょう。
高リン血症は検査が必要です。
健康診断Checkに
あなたの検査結果を入力・印刷
して病院で検査を受けましょう!

腎機能が低下すると・・・


腎機能が低下すると・・・


   異所性石灰化とは?
高リン血症を放置したままにしておくと、リンとカルシウムが結合して骨以外の組織に沈着してしまうことがあり、これを異所性石灰化といいます。
血管が石灰化すると血管の壁が固くなって動脈硬化となり、脳梗塞や心筋梗塞などの脳・心血管疾患を発症しやすくなります。また、関節が石灰化すると関節炎を、眼なら結膜炎を、皮膚ならかゆみを引き起こします。
異所性石灰化の症状
異所性石灰化の症状 石灰化を予防するためにも、リンのコントロールが大切です
   二次性副甲状腺機能亢進症とは?
腎機能が低下すると、リンの排出低下により血清リンの上昇を、活性型ビタミンDの産生低下により血清カルシウムの低下を引き起こします。その結果、副甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、二次性副甲状腺機能亢進症を引き起こします。
副甲状腺ホルモンは骨に作用し、骨からカルシウムとリンを流出させるはたらきがあります。その結果、骨そのものがもろくなってしまいます。 二次性副甲状腺機能亢進症とは? 症状があらわれなくても知らない間に進行します。リンのコントロールが大切です

Last Updated:2017/10/24  L.JP.MKT.CN.10.2016.2702