CKD(慢性腎臓病)Quiz

CKD(慢性腎臓病)Quiz

腎臓の働きは1つ。血液中の老廃物を尿として排出することである。

他にも水分量・電解質バランスを整える、血圧をコントロールする、骨を強くする、血液をつくるといった様々な働きがあります。

腎臓は痛みなどの異常を感じやすい臓器である。

腎臓はいわゆる「沈黙の臓器」。痛みや自覚症状が出にくい部位です。

腎臓の機能低下が進むと最終的には命にかかわる深刻な危機を招く。

腎臓は生命活動を行う上でなくてはならない重要な臓器です。

CKDは、ごく初期のものから末期のものまで含めて慢性的に腎機能の低下が続く状態を指す。

CKDはGFRによりごく初期のステージG1から末期腎不全のステージG5まで5つのステージに分かれています。(ステージG3はG3aとG3bに分かれています)

日本のCKD患者は成人のおよそ20人に1人と言われている。

日本のCKD患者は成人のおよそ8人に1人です。

CKDは最初から明確な症状が現れる病気なので早期に発見されやすい。

CKDはかなり進行してからでないと、自覚症状が現れないため早期に発見されにくい疾患です。

メタボリックシンドロームや生活習慣病を抱える人はCKDになるリスクが高い。

メタボリックシンドロームや生活習慣病は、腎臓に大きな負担をかけるため、CKDの危険因子となります。

CKDは糖尿病などの持病が引き起こす病気で、日頃の生活習慣はあまり関係ない。

糖尿病などの持病はCKDの原因となりますが、乱れた生活習慣が更に腎臓に負担をかけるため、日々の心がけが重要です。

GFR値とは、腎臓がどの程度機能しているのかを表す指標だ。

腎機能の程度をより正確に知るためには精密検査が必要となるため、一般には計算によるeGFR(推算糸球体濾過量)がよく用いられます。

CKDの自覚症状は尿に現れやすい。

自覚症状として、尿の色や匂い、泡立ちに異変が生じます。また、健康診断で尿たんぱくが出たことでCKD発見につながる場合もあります。

CKDはGFRにより5つのステージに分かれており、最も軽度であるステージG1から必ず投薬治療が必要となる。

管理目標値を逸脱している場合、投薬治療は必要となりますが、基本的にステージG1、G2は食事の見直しや生活習慣の改善が中心となります。

肥満の改善や禁煙はCKDの予防・改善につながる。

肥満や喫煙を改善することで、腎臓への負担は大幅に軽減されます。

CKDの治療や、それにともなう異常を予防するためには食事管理がついてまわる。

塩分や蛋白、カリウム、リン摂取など、食事の管理がCKDの悪化防止に重要です。

血圧とCKD進行は無関係だ。

腎臓と血圧は密接に結びついており、高血圧がCKDを引き起こす原因であり、逆にCKDが高血圧の原因ともなります。

糖尿病は腎臓の合併症をおこしやすい疾患である。

糖尿病の三大合併症として糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症があります。高血糖の状態が10~15年続くと糖尿病腎症が起こると言われています。

LDL コレステロール(悪玉コレステロール)が高いと腎臓にも負担がかかる。

脂質異常症は血液をドロドロにして、動脈硬化を引き起こし、ひいてはCKDの発症および悪化にもつながります。

CKDが引き起こす腎性貧血は、鉄の不足によっておこる。

CKDが引き起こす腎性貧血は、腎機能の低下により赤血球を産出するホルモンの分泌が少なくなることから起こります。

CKDがステージG5まで進むと腎臓はほとんど機能していないため、いずれ透析か腎移植が必要になる。

CKDがステージG5まで進むと、腎臓はほとんど機能していない「末期腎不全」の状態になり、いずれ透析か移植が必要となります。

透析の方法には「血液透析」と「腹膜透析」の2つがある。

ただし、腹膜透析は約5~10年で血液透析に切り替える必要があります。

透析には高額な医療費がかかるが、医療費給付や助成制度によって負担を軽減できる。

「高額療養費支給の特例」「自立支援医療による給付」「障害者医療費助成制度」等の利用で経済的負担を軽減できます。

CKDがステージG5(末期腎不全)まで進むと即、透析治療がスタートとなる。

透析導入のタイミ ングは患者それぞれの状態にあわせて判断が下されます。

CKDのステージが上がるほど、心筋梗塞や脳卒中などにつながる危険が高まる。

CKDの治療の目的は末期腎不全と、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患の予防であり、その対策は重要です。

CKD患者は定期的に検査を受け、血清リン値を把握するのが望ましい。

血清リン値の異常を放置するとさまざまな不調や合併症を引き起こします。深刻な事態を避けるためにも、早期に食事療法や投薬により、血清リン値を基準値内にコントロールすることが大切です。

高リン血症とは腎機能の低下によってリンの排出ができなくなり、体内にリンが蓄積している状態を指す。

高リン血症が持続すると、異所性石灰化や二次性副甲状腺機能亢進症を来し、心血管障害、骨折等様々な症状が出てきます。

高リン血症は食事療法と投薬により治療する。

高リン血症はリンを多く含む食事の制限と、リンの吸収を抑える薬によって治療が行われます。
残念!もう一度このサイトを見直してみましょう。
この結果をfacebookでシェアする!
もうひと息!このサイトを一部理解できていないようです!
この結果をfacebookでシェアする!
優秀!このサイトをほとんど理解できています!
この結果をfacebookでシェアする!
完璧!このサイトを完全に理解しています!
この結果をfacebookでシェアする!

Last Updated:2017/10/24  L.JP.MKT.CN.10.2016.2702