腎臓の働きって何?

腎臓は1個約150gと比較的小さな臓器です。それにも関らず、心臓から送り出される血液の約4分の1もの量が流れ込んでおり、生命活動や健康維持においてたいへん重要な役割を果たしています。
腎機能が低下するとさまざまな不調や病気を引き起こしますが、腎臓はいわゆる「沈黙の臓器」で、かなり悪化しないと自覚症状としてあらわれません。
いつまでも健康な生活を送るためには、まずは腎臓の持つ役割の重要性を認識してください。
その上で積極的に検査を受け、早期に対策を講じることが大切です。
腎臓の機能が悪化すると
  • 夜中に何度もトイレに行く(夜間頻尿)
  • 手足がむくむ
  • 貧血やたちくらみがおこる
  • 疲れやすく常にだるい
  • 息がきれやすい
このような自覚症状が現れる頃には、かなり進行している場合が多く放置しておくと、命にかかわる深刻な危機をまねくことに! 定期的に健康診断を受け、尿や血圧の検査をすることが早期発見につながります。

働き①
老廃物の排泄

人の全身には地球2周半分もの長さに及ぶ血管が張り巡らされています。その中ではめまぐるしいスピードで血液が循環しており、体のすみずみまで酸素や栄養素を運んでいます。また同時に体内で発生した老廃物を回収するため、それらを定期的に体外に排出することが必要となります。
腎臓にはこのような老廃物を選り分けて尿として排出し、必要なものは体内に留めるフィルターのような機能が備わっています。
ひとつの腎臓には
約100万個の
ネフロンが
あります。
老廃物の排泄

 
老廃物の排出が
できなくなると…
腎臓の機能が弱まってくると充分に老廃物が排出されなくなります。体に溜まった老廃物は有毒物質となり、体の不調やさまざまな病気の原因に。もし、尿が排出できなくなると体内に毒素が充満し、放置しておくと数日から数カ月のうちに命を落とすと言われています。

ネフロンとは、「糸球体」とそれを包み込む「ボーマン嚢」、それに続く「尿細管」で構成されています。1つの腎臓には約100万個のネフロンが存在し、それぞれのネフロンが血液をろ過して尿を作っています。1日約120Lの原尿が糸球体で濾過されて、99%が尿細管で再吸収されます。実際尿になるのは1−2Lと言われています。




Last Updated:2017/10/24  L.JP.MKT.CN.10.2016.2702